読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

natsのブログ

日常で気になったことを投稿しています。

精神科part2 向精神薬の話。

今回はメンタルヘルス系の話。

 

fnattu.hatenadiary.jp

 

前回精神科に行った話をしましたが今回は僕が今処方されてる薬に焦点を当てて書いてみようと思います。

向精神薬って何?

ざっくり説明すると、不安定な精神状態や疾患による異常な行動を抑えて、普通に活動できるようにサポートしてくれる薬です。

でもいざ処方を受けて薬物治療を受けるといろいろと厄介なことがありまして...笑

薬の作用

今、一日を通して飲んでいる薬にロラゼパム(抗不安薬)という薬があります。

これは、極端に言うと不安で不安で仕方ないような精神状態を楽にしてくれるような作用を持ちます。

即効性もあり、飲んでしばらくするとさっきまでの不安が嘘のように晴れてしまいます。この時点で薬で脳が操られている感じがして気持ち悪いですよね。

副作用

僕の場合主な副作用は、フラフラしたり、頭がぼ〜っとしてちゃんとした思考ができなかったり、心がふわふわしたり..など。

僕の場合副作用がひどいようで薬剤師に連絡を取り、薬の量を減らすことで対応しました。

薬を飲まない状態が一番望ましいんですけどね。それはまだ先のようです。

それでは。

 

 

 

 

 

で、結局のところ整骨院行ったの?

先日10kmランニングした代償に突然痛みだした僕の背骨。

整骨院言ってみようかと思っていたけど....

 

 

 

 

 

 

 

 

はい。

 

行きませんでした。

理由はちゃんとありますよ。

まず、一日様子を見てみると痛みが引きました。

二日目。多分治癒しました。\(^o^)/ヨカッタ

想像すると笑える

もし僕が整骨院を受診していたら、施術者からなんとなく効きそうな施術(もみもみ)を受け、「ああ〜気持ちよかった〜」なんつって二回目も通院。

「施術の効果が出てますね」とか言われて納得して信者になっていたかもしれませんね。

まあ、結局受診してないのでわからずじまいと言うことですね。

今度痛みが出たら行ってみよう。

それではまた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

整骨院(接骨院)って行ったことある?

実は私、整骨院で働いていた経験があります。

まあ受付ですけどね。はい。

働いていたときはマッサージみたいだし気持ちよさそうで保険も利いてバンバン不正請ry....おっと。まあ良いでしょう。

 

働いているときはこんな治療意味あるのかな〜と結構疑ってました。

ついにその時がきた

今朝ランニングから帰ってくるとなんと背骨が痛い。

多分あれだ、背骨が歪んでるとかそういう類のやつだ。

実際骨の歪みが治るのかどうかわからないので言及しませんが

何度も通院してくれる整骨院としてはラッキーな客です。

ああ、それにしても痛いので整骨院言ってみようかな..。

あ、皆さんは整形外科を最初に受信されたほうが良いと思いますよ。

画像診断でしか見えない病気の可能性もありますから。

それではまた。

英検は受けるべき?英検を受けるメリットとは

英検とは

「英検」は1963年に実施され50年以上が経つ歴史ある検定です。

今では受験者が年間260万人にも達し、試験内容はより”実用的”になっています。

入試や就職で有利になる

英検は実用的な英語力を証明する検定です。大学によっては単位認定されたり就職に有利になる場合があります。

自分の力に合った級からステップアップできる

英検は5級・4級・3級・凖2級・2級・準1級・1級と、自身の英語レベルに合わせて受験することができます。

英語に自信のない場合でも簡単な級からチャレンジしていけば努力次第では1級も夢ではないかもしれません。

 

田舎の精神科の待合室がカオスすぎた

私は今精神科に通っている

帰省して、どうも変だと地域の精神科に通院中。(前からおかしかったけれども)

私の場合、気分の浮き沈みが激しい双極性障害っぽい。

双極性障害が発症(?)する原因は、その人の生きてきた様々な要素が絡むため未だにはっきりしていない。

ただ薬を上手に服用し、自分の心を少しずつ変えていくことで症状を抑えて普通に暮らすことが可能だ。

田舎の精神科はとても異様な雰囲気だった。

田舎の精神科....正直言ってもうあんまり行きたくない。

なぜかと言うと待合室の様子がとってもカオスだからである。

待合室には40名ほど座れる椅子が用意されており、心の病を抱えた患者さんが診察の順番を今か今かと待っている。

 

普通の内科の病院だったら、リラックスして待っていれば良いのだがここは状況が少し違っていた。

 

明らかに挙動不審な中年男性

周囲を気にせずおしゃべりを続ける女性

理由はわからないけど車椅子にうずくまり苦しそうに悶えながら病室に運び込まれる女性...

 

待合室に居る患者さんが起こすアクションの一つ一つが奇妙で診察を待つ私の心をえぐる。

これがカオスか...、これが精神病院なのか...(笑)

 

まあ、気にしなければなんてことないのだけれど、心を病んでいる状態でこのシチュエーションはとてもつらい。

 

病院も合う合わないがあるし

もっとゆっくりできる病院にかかるべきだなと思う。

 

 

 

 

 

ドーパミンのコントロール。ワクワクする瞬間。計画を立てることの重要性

今回書いている内容は、普通の人ならば日常的に実践していると思います。至ってまともなことを書いているだけなので、あまり面白さはないかもしれません。

最近、ワクワクする出来事とか、何かありましたか?

一般の生活で言えば、

  • 検定試験に合格した
  • 楽しい旅行の予定がある
  • 友達と遊ぶ約束をした
  • 親友と飲み会の約束をした

といった感じで、楽しそうな出来事が未来にやってくるって思うとワクワクしますよね。

この『ワクワク』『ドキドキ』といった感情はドーパミンの分泌によるものだとされています。

 

『ワクワク』『ドキドキ』がないと人生つまらない!

当たり前のことですよね。

長い間引きこもり生活を送っていると、この『ワクワク』『ドキドキ』を感じる機会が激減してしまいます。

(将来のことを考えて嫌なドキドキを感じることはありますけどね...笑)

最近読んだ本によると、ドーパミンの分泌はコントロールできるらしく

目標を設定したときと目標を達成した時にドーパミンが分泌されるとのこと。

目標達成した自分をイメージすることも重要だそうです。

例えば

今日こそは定時に退社したい!と思いますよね。そうしたら定時に退社するにはどうしたらよいか考え、計画を立てます。←この時点で1回目のドーパミン分泌が行われます。

そして、努力の甲斐あって定時退社。やったね!←ここで2回目のドーパミンが分泌されます。

 

長期的な目標を達成するには?

5年後にこうありたい!と目標を立てたはよいが、取り組もうとしてもなんだがモヤっとしてなかなかモチベーションが上がらないなんてこと、よくありますよね。私はそうです。

しかし、短期間で実現可能な目標を立てて、その実現を繰り返すことで大きな目標を達成できるなると..なんだか出来そうな気がしますよね。

「大きな目標」を「小さな目標の積み重ね」に置き換えることで、モチベーションを維持しやすい無理のない目標を立てることができるというわけです。

 

ですから、やりたいことがあればとりあえず出来そうなことからやってみて、次の小さな目標を立てて達成。小さな目標を立てて達成。を繰り返しているうちに最初の地点からは想像もしていなかった地点に到達できる可能性もあるということですね。

 

記事を書いている私もワクワクしてきました。「もうすぐで記事が書き終わりそう」ということでおそらくドーパミンが分泌されているのでしょう。

 

要するに

何かを始めたい、けど始められないという状態のときは、とりあえず簡単な目標を立てて小さな達成感を積み重ねていくことが大切でしょう。

まあ、普通の人からしたら「何当たり前のことを言っているんだw」といった感じでしょうが、恥ずかしながら私は今まであまり実践できていませんでした。

毎日ワクワクして生きていけたら最高ですよね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

文中に何か間違いなどがありましたらコメント等でご指摘いただければ幸いです。

 

 

 

 

 

 

【ニート】私は23歳ひきこもりニートです。

私は現在23歳引きこもりニートです。

ニートだったんかい!と思われるかもしれませんが、ニートです。はい。

ニートが脱ニートするまでの軌跡をブログにできればと願っております。

 

どうしてニートになった

もともと引きこもり気質がある私。高校も公立高校で不登校になり通信制高校へ編入し、指定校推薦で私立大学へ入学しました。

21歳の時に大学中退→仕事を転々。→ちょっと疲れてニート状態。というような感じです。

まあありきたりといえばありきたり。哀れですね。

 

これまで経験した仕事

・スポーツショップの店員

・バイク屋

 海外で需要の高い中古バイクを買い取り修理して輸出する仕事でした。重労働でとてもきつかった思い出があります。

整骨院の受付

 職場も爽やかな雰囲気で、患者さんから頼りにされてる感があってやっていて楽しい仕事でした。将来柔道整復師になろうかな?と思った時期もありました。

・コールセンターのオペレーター

 なんとなくオフィスワークがやってみたいと思い立ちやってみました。初めの頃はなかなか楽しい仕事かもと思っていましたがやはりストレスが多く退職しました。

 

これからどうするの?

これからどうするか、、ですよね。

23歳でニートって。正直人生詰んでるな〜と思ったりもします。

まさか自分がこんなことになるとは思ってもいませんでした。

でも23歳で縛られるものがないからこそできる生き方があるのかなとも思ったりします。

とはいうものの。どうしようかなぁ..笑

 

とりあえずもうちょっと休もう。

現状に至った原因やこれからの対策なんかも書けたら良かったんですが、今日のところはこのへんで。

もう少し休んでよ〜く考えてから再出発できたらと思います。

引きこもりが長期化しないことを願います

それではまた。